6月キャンドルづくり体験会開催!Workshop in June

【コロナに負けない!】不安な気持ちを解消する簡単な2つの方法

Rie Osawa
WRITER
 
beat coronavirus
この記事を書いている人 - WRITER -
Rie Osawa
東京・福生市のキャンドル教室"Candle Room Liberty"の講師をしています。 イギリスでの留学経験を活かし、ハンドメイドキャンドルの魅力を国内・海外に広く発信するため、YouTubeなどを使い活発に活動しています。 販売なども日本国内にとどまらず、海外販売を積極的に行っています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、東京福生市キャンドル教室
Candle room LibertyのRie Osawaです。

 

現在、新型コロナウィルスの影響で
お仕事や、健康面に不安を感じたり、
外も出歩くことができないなど、
気持ちが下がりやすくなっている方も少なくないと思います。

 

ポジティブな意識を持ちつつ
頑張っていきたいところですが
そうもいかないという方に向けて

本日は
不安な気持ちを解消して、
今できることや、するべきことに目を向ける方法

お届けしたいと思います。

 

何も手に付かない。
気持ちが疲れてきている・・・

そんな方がいたら、何か参考になれば嬉しいです。

 

無意識に自分が不安を感じながら行動していることに気づいた瞬間

 

実は、私のハンドメイド販売の師匠でもある
田口さやかさんが

4/4(土)にビデオ会議システムのZoomを利用し
SNSを使わないネットショップ集客講座の
無料セミナーが開催されるということで
私も参加させて頂きました。

田口さやかさんのハンドメイド販売に特化したブログはこちら

 

始めは「私もSNS苦手だしな・・・」と
少し意気消沈気味の参加だったのですが
最終的には、その内容を逃すまいと
必死に、そして意気揚々とメモを取っている自分がいました。笑

 

セミナーの内容はもちろん
参考になるものばかりだったのですが
翌日、自分のメモを振り返ってみて
無意識に自分が不安を感じながら
とある行動していることに気づきました。

 

それは、セミナー冒頭に
師匠が仰った一言

 

今はこんな混沌としている時期だけれども、
これから需要が出てきた時の為に準備をしておいたり、
今できることをしておきたいところです。

師匠

 

その時は単純に
そうそう、そうだよね〜!と思といつつ
”これから需要が出てきた時の為に準備をしておいたり”という部分に
妙に引っ掛かりを覚えました。

 

というのも
師匠も私も”今できることをしよう”といった行動に違いはないけれど
そこには、徹底的な意識の違いを感じ取ったからです。

振り返ってみると、
私はどこか

 

「このままの状況が続いたら生活はどうなってしまうんだろう」

 

といった、不安や不足感を持ちながら
その不安や焦りを拭う為に
今できることをしていたように思います。

 

一方師匠は、

この世間が混沌としている時だけれど
いずれまた状況は良い方向に変わってくる。

だからこそ、お客さんが笑顔でまた戻ってきてくれた時のために
少し先の未来を、満ち足りている意識で準備をしましょう
というニュアンスを含んでいた様に感じたのです。

 

pretty overjoyed

 

 

自分の意思で明るい未来に目を向けることを選択していく

 

師匠も私も
”今できることをしよう”と、取った行動は同じなのですが
意識の上で徹底的なある違いが現れていました。

 

私の場合、これまで
世間が混沌とした暗い現在に目を向け続けたまま
不安や焦りを拭う為に、今必死になってできることをしよう
といったどちらかというと不足感からの意識で
ショップ運営などの準備をしていました。

 

師匠は
暗い現状に目を向けて進むのではなく
自分の意思で明るい未来に目を向くことを決め
そのための準備を進めていくことが大切だ
という感覚を持っているのだということに気がつきました。

 

師匠はすでにminneやcreemaで1万点以上を売り上げている
凄い人でもあるですが
今回、状況を見ている視点が違ったのを気づかさせて頂いたのと

師匠と自分との意識の差に、ちょっと落ち込みましたが(^^;
ここで気づくことができて、本当によかったと思っています。

 

明るい未来を想像して行動を起こすには、すでに自分の持っているものに目を向けてみる

 

今、私たちができることといえば
限られていることではありますが

その中でもできることは、

ワクワクするこういう状況が待っているだろうなという
明るい未来を想像して
その為に今できる準備をすることです。

 

ただ、そうは言っても
外にも出られないし、
仕事もどうなるかわからないしと
やはり不安が募ってきてしまう状況だと思うのですが

今現在の自分が持っているものに目を向けてみると、
ウイルスという見えない脅威にさらされながらも

 

『今、自分は、たくさんの有り難いものに囲まれていたんだ』

 

ということに気がつくことができる様に思います。

 

例えば
健康な身体があったり
今日も元気にいてくれてる家族や友人たちの存在。
そのほかにも、自分自身を取り巻く当たり前だった物にさえ
感謝や満たされた気持ちが湧いてくるように思います。

このプラスの気持ちを意図的に思い出しながら

 

・ご家族が意気揚々と仕事に向かう背中
・お子さんが元気に登校する為に手を振る姿
・ご自身が職場の仲間や友人とニコニコしながらランチをする状況
・旅行を予定した場所に立ち、笑顔で写真を撮っている光景

 

こういった、何気ない日常の中にたくさん隠れている
有り難いものを1つ1つ感じることで、

少しずつ前向きな気持ちで「今自分ができること」に
目を向けられるようになってくるのかもしれません。

 

Grandma

 

まとめ

 

今日はハンドメイド販売の師匠のセミナーに参加し
無意識に自分が不安を感じながら行動していることに
気づいた実際の経験から

私自身が
不安な気持ちを解消して、今できることに目を向けるために
感じたことや考え方の変化をご紹介してみました。

 

・プラスな状況にいく前提で現状を捉える
・自分の意思で明るい未来に目を向けることを選択していく
・明るい未来を想像して行動を起こすには、すでに自分の持っているものに目を向けてみる

 

なんだか少し精神論的なお話となってしまいましたが
こうした時期だからこそ
ポジティブな方向へ意識をシフトさせていきたいですね。

 

大変な状況もあと少し続くと思いますが
元気に過ごしていただく為に
少しでも、このブログの発信から
みなさんの不安を解消するお手伝いができたらを思っています。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

P.S.
先日、新しい動画をアップしました!
キャンドルを灯しても、キャンドルとしてずっと使えるようにする
灯し方をご紹介しています。

この記事を書いている人 - WRITER -
Rie Osawa
東京・福生市のキャンドル教室"Candle Room Liberty"の講師をしています。 イギリスでの留学経験を活かし、ハンドメイドキャンドルの魅力を国内・海外に広く発信するため、YouTubeなどを使い活発に活動しています。 販売なども日本国内にとどまらず、海外販売を積極的に行っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Candle room Liberty , 2020 All Rights Reserved.