キャンドルのドーナツ状のくぼみを解消!最後まで綺麗に灯す為の3つの方法

Rie Osawa
WRITER
 
how to melt a candle
この記事を書いている人 - WRITER -
Rie Osawa
東京・福生市のキャンドル教室Candle Room Libertyの講師をしています。 イギリスでの留学経験を活かし、ハンドメイドキャンドルの魅力を国内・海外に広く発信するため、YouTubeなどを使い活発に活動しています。 販売なども国内販売、海外販売を積極的に行っています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは!東京のキャンドル教室
Candle Room LibertyのRie Osawaです。

 

みなさんがこれまでキャンドルを灯した時に
キャンドルのワックスが溶けてできたプール(穴)が
下がっていくにつれ、くぼみとなって
瓶の中にドーナツ状のワックスが残ってしまったことはないしょうか?

 

私自身も
キャンドルのワックスが瓶の中に残ってしまい
芯だけが短くなって使い物にならなくなってしまった…
という失敗経験がいくつもあるのですが

 

実は

そのキャンドルの性質を理解していると
意外と簡単に、ワックスのくぼみの問題を解決できたりします♪

 

そこで今日は
ドーナツ状のくぼみを解消して
キャンドルが綺麗に灯す為の3つの方法
をご紹介します!

 

これからのホリデーシーズンに
コツを押さえながら楽しくキャンドルを灯してみてくださいね♪

 

1)キャンドルの燃焼時間不足を解消する

 

まず、1つめの解決策としては
キャンドルの燃焼時間を長くする

という事です。

 

キャンドルを綺麗に灯すためには
ワックスを均一に溶かす必要があるのですが

日本では
室内の光量も海外に比べると明るいため、
キャンドルを長時間灯す機会も少なく

恐らく30分から、長くて1時間くらいしか灯さない
という人も多いかと思います。

 

私自身も、キャンドルを使い始めた頃は
短時間の使用を頻繁にしていたのですが
そうすると、どんどん芯の中身だけが凹んでしまい
結局長く使えないということがありました。

 

そこでポイントは、シンプルに
燃焼時間を長くする
ということです。

 

例えば

・家族と食事をしながら、キャンドルを灯す
・食後のコーヒータイムでゆったりとした時間を過ごす
・お風呂でキャンドルを灯しながらゆっくり自分の時間を楽しむ

 

など♪

 

ご飯から、コーヒータイムまで続けて使用すると
長時間使うことも簡単で
キャンドルの燃焼時間もしっかりと確保でき
ワックスを均一に溶かすことができるかと思います♪

 

party

 

短い時間では
キャンドルのワックスが溶け残ってしまい
どうしても、ドーナツ状のくぼみが出来やすくなってしまうのですが

 

1回の燃焼で2時間ほど灯すと
キャンドルを均等に綺麗に灯すことができ

キャンドルの燃焼時間不足による
ワックスの溶け残りも減り
最後まで綺麗にキャンドルを楽しめますよ。^^

 

在宅ワークなどが多い今
”趣味や仕事の時間を2時間とる”と決めて作業をするのもおすすめです。^^

 

2)芯の太さを選ぶ

 

次に、
芯が太いものを選ぶ

ということもキャンドルを綺麗に灯すためには
意識したいポイントでもあります!

 

芯の太さに比例して火力も大きくなる為
芯が太いほど、キャンドルの入れ物の端まで
溶けるスピードが速くなります。

 

市販のキャンドルの場合
ご自身で芯を選ぶことはできないのですが
見比べてみると芯の太さにも色々あることがわかります。

 

ですので、少し意識して選んでみると
実際にキャンドルを灯した際に
少し違った感覚が得られるかもしれません。^^

 

例えば、

キャラクターの形をしたキャンドルは
形をできるだけ残す為だったり
ケーキの上に乗せるキャンドルは
溶けすぎてケーキが無駄にならない様にと
基本的にかなり細めの芯が使われています。

 

一方で
アロマキャンドルなどは香りを重視したり
芯の種類をワックスと相性の良いものにしたり
芯も太いものを選ぶことで
キャンドルの癒し効果を十分に発揮できる様になります。

 

ハンドメイドキャンドルでは
そうした材料や、使うツールの性質を考慮すると
自分にあったキャンドルも簡単に制作できるので
とてもおすすめです♪

 

3)ワックスの種類を選ぶ

 

ドーナツ状のくぼみを解消して
キャンドルが綺麗に灯す為にできる方法
最後はワックスの種類を選ぶことです。

 

キャンドルのワックスの種類には

・パラフィン

・ソイ(大豆)

・パーム(ヤシ)

・ジェル

・ココナッツ etc

 

様々な種類がありますが、

融点が低いものは短時間の燃焼時間でも
ドーナツ状のくぼみが出来にくい傾向があります。

 

融点が低いワックスは、
自然由来のソイ、パーム、ココナッツワックスなど。

 

これら自然派のワックスは

素早く溶けて、ゆっくりと固まる為
アロマキャンドルの香りも長時間お部屋の中に広がりやすく
実用性にも優れているので
プレゼントなどにも喜ばれます。♪

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

今日はキャンドルのワックスが溶けてできたプール(穴)が
下がっていくにつれ、くぼみとなって
瓶の中にドーナツ状のワックスが残ってしまうのを防ぐ
キャンドルが綺麗に灯す為の3つの方法をご紹介しました。

 

1)2時間ほど灯してキャンドルの燃焼時間不足を解消

2)芯の太さは太めのものを選ぶ

3)ソイなどの融点が低い自然派ワックスを選ぶ

 

上記の様な条件でキャンドルを探すのも楽しいかもしれません。^^

これからの寒い時期
キャンドルでホリデーシーズンを楽しむ際の
参考にしてみて下さい♪

 

また、キャンドル教室Candle Room Libertyでは
ご自身の使用用途や
状況にに合わせてオリジナルのキャンドル制作ができる様になる
オンラインレッスン も実施中です

ご興味のある方は
こちらのオンラインレッスン ご案内ご確認下さい。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Rie Osawa
東京・福生市のキャンドル教室Candle Room Libertyの講師をしています。 イギリスでの留学経験を活かし、ハンドメイドキャンドルの魅力を国内・海外に広く発信するため、YouTubeなどを使い活発に活動しています。 販売なども国内販売、海外販売を積極的に行っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Candle room Liberty , 2020 All Rights Reserved.