Making candle lesson in Tokyo

意外とみんな知らない?キャンドルの正しい・楽しい使い方

Rie Osawa
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
Rie Osawa
キャンドル製作3年目。東京の福生でキャンドル教室をしています。 また、国内外でのキャンドル販売も始めました。 初心者の方にもわかりやすく、キャンドルの新しい魅力をお届けしています♪

はじめまして、Rie Osawaです!

 

今日は、キャンドルづくりをする方であれば

絶対に知っていることではあるのですが

世間では、意外と知られていない、キャンドルの正しい・楽しい使い方をご紹介します。

 

 

 

キャンドルを使うと吹き消すときに

焦げたちょっといやな匂いに、お困りではないでしょうか?

 

 

誕生日パーティーなどであればいいのですが

せっかくアロマキャンドルを焚いても

最後に煙いにおいで終わってしまうと、せっかく部屋に広がったいい香りが

台無しになってしまうのは、ちょっと残念・・・

 

 

キャンドルを使ったことがある方、日常的に使う方の中にも

使用方法を知らない方は意外にもいらっしゃるんですね。

 

実は、私もそのうちの一人でした。

でもこの方法を知ってから、会う人みんなに教えてあげると、とても喜ばれました!

 

 

「いや〜それは知らなかった、良いこと聞きました!」

ネイリストさん

 

  

「そういうふうに、火を消せばよかったんですね!」

お客様

 

 

 

こんな風に、仰ってくださる方が非常にが多かったので

今回もこの記事が、あなたのお役に立つとうれしいです!

 

 

《正しい使い方》いやな煙を出さずにキャンドルの火を消す

 

まずは、正しい使い方

 

キャンドルを吹き消した場合、白い煙とともに、芯が焦げたにおいがします

ジェルキャンドル やパラフィンキャンドルの場合は、多少、石油のにおいが強く出ます

 

 

実はその煙やにおいを全く出さずに、火を消す方法はあります。

 

 

まず、ピンセットや竹串など、棒状のものをご用意ください。

 

次に、燃えているキャンドルの芯を

それらの道具で芯を横に倒し、溶けたロウに浸します。

 

火が消えたら、その倒した芯を、すぐ、まっすぐに元の位置に戻します。

 

Attention
芯は必ず起こしましょう。芯がワックスの中に埋まって使えなくなってしまいます。

 

 

要は、燃えている芯が燃焼に必要とする、酸素を断てばよいのですね。

溶けたロウに浸けるだけでいいんです。とっても簡単ですよね!

 

そうすると、嫌なにおいの煙も出ずに火を消すことができて

アロマキャンドルなど、部屋がいい香りに包まれたまま、使い終えることができますよ!

 

 

《楽しい使い方》香りなしキャンドルをアロマキャンドルに変える

 

次は楽しい使い方!

 

香りがついていないキャンドルをお持ちの方も、いらっしゃると思います。

 

 

デザインが可愛くて買ったはいいけれど、アロマキャンドルじゃないし、つまらないな・・・

 

 

そんな風に思った方や、経験したことある方には、この方法がオススメです。

 

ご用意いただくのは

 
・香りのついていないキャンドル
・お好きな香りのアロマ or エッセンシャルオイル

 

 

以上!(少なっ!)

特別な機材は必要ありません。

 

 

それでは、使い方を説明します。

 

もしご自宅に、しばらく使っていないキャンドルがある場合は

乾いたティッシュなどで、表面の汚れをとってからご使用ください。

 

このとき、キャンドルを、水のついた布やティッシュでは拭き取らないようにして下さい。

 

どうしてかというと、キャンドルは油分が高いので水が熱い溶けたキャンドルに入ると

揚げ物のようにパチパチと音がして、容赦なく跳ねてきますので大変危険です!

(実は、まぶたに跳ねたことがあり、冷や汗をかいた経験があります。怖がらせてすみません。)

 

 

まずは、キャンドルを少しの間灯して、ワックスが溶けたところで、一旦火を消します。

 

次に、その溶けたワックスに、好きな香りのアロマオイルを垂らします。

 

最後に再度火を灯せば、世界にたったひとつ、あなたのオリジナルアロマキャンドルの完成です!

 

火を消す時は、前述した方法で消してみて下さい。

 

アロマキャンドルは、月日が経つと香りが飛びやすいですが、

この方法だと、何度もオイルを足せるのでおすすめです。

 

 

火がついているところにアロマオイルを垂らすのは大変危険ですので、

必ず、火を消してからアロマオイルを垂らしてくださいね!

 

 

まとめ

・芯を倒してロウに浸せば煙くならずに火は消せる!

・香りなしキャンドルもアロマキャンドルに早変わり!

 

 

ぜひ、あなたの好きな香りで包まれて、リラックス空間を味わってみてください!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
Rie Osawa
キャンドル製作3年目。東京の福生でキャンドル教室をしています。 また、国内外でのキャンドル販売も始めました。 初心者の方にもわかりやすく、キャンドルの新しい魅力をお届けしています♪

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Candle room Liberty , 2019 All Rights Reserved.