Making candle lesson in Tokyo, Fussa

今日からできる!どんな写真もインスタ映えにする方法〜奥行き編〜

Rie Osawa
WRITER
 
how to take photo
この記事を書いている人 - WRITER -
Rie Osawa
約10年間の会社員勤めで経験した、パワハラやキャリアを積もうを頑張るほどに精神的にキツい労働状況を経験。 精神的自立のために退職してイギリスへ留学を決意した際に、ホストファミリーへの手土産として手作りキャンドルを制作して、見事にキャンドルの魅力にのめり込む。 イギリス留学を経て、英語での就労を経験し、今後は海外での活動・生活を視野に入れて、その夢を叶えるべく、東京・福生市でキャンドル教室をしています。 女性としての自立を目標に日々邁進する、英語でコミュニケーションをとるのが大好きなキャンドルの先生です。 帰国後、英語を使用しての就労を経験し、今後は海外での活動を視野に入れて、その夢を叶えるべく、大好きな趣味のキャンドルづくりをひっさげて、キャンドル教室を東京・福生市でOPENしました。 Work as lifeの実現に向けて、どんな瞬間も全力で楽しみたい、そんな想いに共感してくれる人々と、ブログを通して出会えたら嬉しいです。

生徒さんに喜んでいただけるような写真が撮れないって、先生として致命的かもと、焦りに焦った私が

たった1ヵ月で「インスタの写真に癒されています!」

「写真上手ですね!」とメッセージをもらうようにまでなった

写真の撮り方を余すところなくお伝えしている、どんな写真もインスタ映えにする方法シリーズ!



 

前々回の記事〜構図編〜

今日から使える!どんな写真もインスタ映えにする方法〜構図編〜

 

前回の記事〜余白編〜

今日から使える!どんな写真もインスタ映えにする方法〜余白編〜

 

構図、余白、ときまして

今回は奥行きについてお伝えしようと思います。

 

以前、接写ついてもブログを書いたことがありますが

ハンドメイド品などの、自分の作品を撮影する時ですね、ついつい引きで撮ってしまうのです。

 

引きが悪いというわけではなく、魅力溢れる引きの写真も沢山あるのですが

私が写真を見た時に感動するパターンは、写真に躍動感があったり、

被写体がまるで、目の前にあるかなような錯覚に陥る写真にワクワクします。

 

そうした躍動感のある写真は立体的であったり、

奥行きを無意識に感じられるという共通点がありました。

実際に、どうやって奥行きをつけていくか見てみましょう。



接写で目の前に迫る感覚を感じてもらう

 

接写で写真を撮ると、今その被写体が目の前にいるかのような、

リアルな感覚を伝えやすいところがあります。

 

道端に生えている草花を撮影された写真を見た時

自分が実際にしゃがみ込み、花を覗き込んでいるような感覚になりませんか?

 

下の写真。これは、私が撮影したのですが

テーブルから小さい子供がキャンドルを見上げた感じや、

小人サイズになった感覚を、写真を見ている人に味わってもらいたくて撮りました。笑

 

soy candles

 

できるだけ被写体にレンズを近づけたり、トリミングでバランスを見てみましょう。

レンズの角度を変えるのもおすすめです!

 

そうすると、本当に被写体が自分の目の前にあって、

いますぐにでも手にすることができるような感覚を、写真を見ている人に感じてもらいやすくなります。

 

 

奥行きをプラスするとさらに現実味がアップする

 

接写スキルと一緒に付け加えたいのが奥行きです。

 

前述したように躍動感がある写真の例として、

鳥が羽ばたく瞬間や、木にとまっているときの写真を、思い浮かべてみてください。

 

鳥にフォーカスした時、この時、鳥が手前にいて、

森が奥にあって、木はハッキリと認識はできないけれど、なんとなく認識できる具合です。

 

また、以下の写真をみていただきたいのですが

先日都内で撮影した桜の写真です。

奥行きを感じていただけますでしょうか?

 

 

 

奥行きを感じることができることで、

今、自分がまるでハイキングをしていたり、河川敷の近くで鳥を観察していたかのような気分になれたり

桜の写真を見て、花見をしているような感覚に浸ってもらう。

 

写真を見ている人に、その場にいるような感覚を味わってもらえる

テーマのある写真だと、響くのではないでしょうか。

 

 

また、背景がぼやけている、上記のようなイメージ写真たちは

普段私たちが眼のレンズを通して見ている映像と同じような働きをしています。

 

いま、あなたがこの記事をスマホまたはパソコンで見ていたとして、

スマホやパソコンに焦点が合っていると、周りの家の壁や家具は

ピントが合っておらず、多少ぼやけている状態だと思います。

もともと人に備わっている性質は、無意識に人に安心感を与えやすいのではないおかと、私は思います。



写真は突き詰めるほど、やらないといけないことが多くなるので

あまり考えすぎると、ハンドメイド製作や、写真自体が楽しめなくなってしまうと思うんですね。

 

だから、まずはひとつずつできることを継続していくと良いと思います!

 

 

最初にお伝えした構図ができたら、次に余白。

余白も意識できるようになったら、奥行きにトライしてみる。

そうしたらいつの間にか全部意識できるようになっていた。

 

こんな感じで習慣化できるとバッチリですね!

意識するだけで普段とは違った写真が撮れると思います。

普段撮影や、ハンドメイド製作に活かしてみてください。

 

 

まとめ

・被写体に色んな角度からレンズを近づけてみよう

・奥行きをプラスして、見ている人にその場にいるかのような感覚を与えられるかを意識してみよう

 

 

今回で、このどんな写真もインスタ映えにする方法シリーズは、最終回になります!

ただ、私も勉強をしながら、まだまだ成長をし続けています。

また何か、アウトプットしたいことがでてきたら、ブログで発信していきますね!

 

Twitterで、ブログの最新情報を配信しています。

よかったら、Followしてください!

この記事を書いている人 - WRITER -
Rie Osawa
約10年間の会社員勤めで経験した、パワハラやキャリアを積もうを頑張るほどに精神的にキツい労働状況を経験。 精神的自立のために退職してイギリスへ留学を決意した際に、ホストファミリーへの手土産として手作りキャンドルを制作して、見事にキャンドルの魅力にのめり込む。 イギリス留学を経て、英語での就労を経験し、今後は海外での活動・生活を視野に入れて、その夢を叶えるべく、東京・福生市でキャンドル教室をしています。 女性としての自立を目標に日々邁進する、英語でコミュニケーションをとるのが大好きなキャンドルの先生です。 帰国後、英語を使用しての就労を経験し、今後は海外での活動を視野に入れて、その夢を叶えるべく、大好きな趣味のキャンドルづくりをひっさげて、キャンドル教室を東京・福生市でOPENしました。 Work as lifeの実現に向けて、どんな瞬間も全力で楽しみたい、そんな想いに共感してくれる人々と、ブログを通して出会えたら嬉しいです。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Candle room Liberty , 2019 All Rights Reserved.