キャンドル用のモールドに代用できる身近なアイテムと使用時のポイントをご紹介♪

Rie Osawa
WRITER
 
substitute item for candle mold
この記事を書いている人 - WRITER -
Rie Osawa
東京・福生市のキャンドル教室Candle Room Libertyの講師をしています。 イギリスでの留学経験を活かし、ハンドメイドキャンドルの魅力を国内・海外に広く発信するため、YouTubeなどを使い活発に活動しています。 販売なども国内販売、海外販売を積極的に行っています。
詳しいプロフィールはこちら

こんにちは、東京福生市キャンドル教室
Candle Room Libertyの大沢里枝です。

 

以前、生徒さんから紙コップとトイレットペーパーの芯で作る
ボタニカルキャンドルが上手くいかないというお悩みを伺い

私自身もキャンドルを作り始めの頃、
代用品を使ってキャンドルを作る事ができないかな〜と
色々と試してみた経験があります。

 

キャンドルを手作りする際には
溶けたロウを注ぎ込むためのモールド(型)が必要になるのですが
そのモールドは、意外にもお家の中で使えるものや
100均などで揃える事ができたりして
気軽にハンドメイドキャンドル作りを楽しむ事ができたりします♪

 

そこで今日は、
キャンドルのモールドに代用できる
各種アイテムや、使用する時のポイントをご紹介したいと思います!

 

なるべくコストをかけずにキャンドル作りにチャレンジしてみたい
とりあえず家にあるものでキャンドル作りを試したい
という方は参考にしてみてください。^^

 

製菓用や製氷用のシリコンモールド

 

まずは、キャンドルのモールドに代用できるのは
製菓用や製氷用のシリコンモールドです。

 

シリコンモールドは
キャンドル作家さんの間でも人気で
かなり使われているアイテムです♪

 

通常、キャンドル用のモールドには
剥離剤をつける必要があるのですが
シリコンモールドは、そういった類の剥離剤がなくても
ツルッと簡単にキャンドルをモールドから取り外す事が可能
です。

 

製菓用や製氷用のシリコンモールドは
ダイソーなどの100均でもかなり種類が豊富で
シンプルなものから、ディズニー系の可愛い形のものがあります。

 

ちなみに、一番シリコンモールドが増える時期というのがあって
それは、

 

バレンタインの時期

 

だったりします♪

 

この時期は、使い勝手の良いモールドだけでなく
ハートのシリコンモールドも種類が豊富で
いつもは見かけないモールドもあったりするのでおすすめです。^

 

なお、注意事項として
キャンドル作りに使用したシリコンモールドは
その後、食用には絶対に使用せず、キャンドル作り専用として下さいね。

 

紙コップ

 

次にキャンドルモールドとして
代用できるものとして人気なのが紙コップです。

 

紙コップの良いところは、
お水が長時間あってもふやけにくいくらいに
分厚いものですので
溶けたキャンドルワックスを注いでも大丈夫です。

 

ボタニカルキャンドルなどを作る時に
とても便利なアイテムなのに100均でも揃い、最近は種類も豊富ですので
初心者さんには大変おすすめです。

 

ただし、高温の溶けたワックスを入れて
ゆっくりと固まらせようとすると
ワックスが滲み出てくることもありますので
できるだけ注いだ時に温度を低くする工夫が必要だったりします。

 

温度を低くするポイントとしては、
ベースキャンドルというその名の如く
キャンドルの基盤、基礎、中心としての役割を果たしてくれるキャンドルを
モールドの中にセットするのが一番おすすめです。

 

このベースキャンドルを置くと、溶けたワックスを注いだ時に
すでに固形のキャンドルがあることで温度が下がりやすくなる為
紙コップモールドにワックス が染み出したり
漏れたりするのを防いでくれます。

 

ベースキャンドルにおすすめ、トイレットペーパーの芯

 

最後にキャンドルモールドとして
代用できるものとしておすすめなのが、トイレットペーパーの芯す。

 

こちらは、先ほどご紹介した
基盤、基礎、中心としての役割を果たしてくれる
ベースキャンドルとしての使用に向いています。

どうして、ベースキャンドルとしての利用をおすすめするかというと
実は、

出来上がりのキャンドルの見た目が良くないからです。

 

キャンドルの道具をお掃除する際に
トイレットペーパーを使いますので
再利用を考える方も少なくないのですが

 

キャンドルの表面に
トイレットペーパーが作られる時に貼り合わさる斜めの線が
固まった際にキャンドルの表面にも反映されてしまいます。

 

based candle mold

 

ですので、トイレットペーパーの芯をモールドとして使用する場合は
溶けたワックスを注いで
姿が見えなくなるタイプのベースキャンドルとして
利用するのが、一番良い方法かもしれません。

 

使用するときは、上の写真の様に
ワックスがこぼれないよう
アルミホイルを巻き、輪ゴムやガムテープで固定して作ってみて下さいね。

 

まとめ

 

キャンドルを手作りする際にが必要になるモールドについて
お家の中や100均などで揃う
キャンドルのモールドに代用できるものをご紹介してきました。

 

・シリコンモールド
・紙コップ
・トイレットペーパーの芯

 

他にも、お家にあるものとして
牛乳パックなどを利用可能ではあるのですが
よくよく中を覗いてみると、トイレットペーパーと同様に
キャンドルの表面についてしまいそうな折り目がたくさんあります

出来上がった時に、歪な形になる可能性が高いので
あまりおすすめはしておりません。

 

上記のようなポイントを意識して
モールドを選びをしていただくと
キャンドル作りに向いているモールド探しも
簡単にできるようになると思います。^^

参考にしてみて下さい。

 

キャンドル教室Candle Room Libertyでは
8月15日に無料体験会を実致します!

 

キャンドル作りを始めてみたい・気になるけれど
何から始めれたらいいのかわからないという方や
自分でキャンドル作りに挑戦したけれど
うまくできなかった人も
楽しく可愛いキャンドル作りを体験して頂けます。

ご興味のある方は、こちらから詳細をご確認下さい♪

この記事を書いている人 - WRITER -
Rie Osawa
東京・福生市のキャンドル教室Candle Room Libertyの講師をしています。 イギリスでの留学経験を活かし、ハンドメイドキャンドルの魅力を国内・海外に広く発信するため、YouTubeなどを使い活発に活動しています。 販売なども国内販売、海外販売を積極的に行っています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© Candle room Liberty , 2020 All Rights Reserved.